ETC2.0って何だ?今までのETCとの違いを解説

ETC2.0って何だ?今までのETCとの違いを解説

ETC2.0
2016の春から本格導入されるETC2.0。国土交通省からのお知らせで知った人も多いかと思います。まだまだリリースされたばかりで、ETC2.0に対応している車載器は多くありませんが、今後徐々に従来のETC車載器は廃止され、2.0対応の車載器が増えていくことになっています。

 

ETC2.0 国土交通省

 

さて、高速道路を利用している方で、よくETCを使う方は要チェックのニュースですが、そもそもETC2.0とはなんでしょうか?快適に車生活を送れるようにこの機会に知っておきましょう。

 

ETC2.0の正体は?

ETC2.0は従来のETCと比較すると、多くの情報を取得できるようになります。ETC2.0に対応した車載器は渋滞情報、事故情報、料金情報などが提供されます。また、一番大きな違いは渋滞で一般道を利用した方が良い場合、一度一般道に降りて、再び高速道路を利用しても割引が継続される点です。

 

いままでのETCでは一度高速道路を降りてしまうと、その区間の割引が切れてしまい余計にお金がかかっていました。事故などで止む終えないときに一部区間は一般道を使ってもらえるのは、道路提供している会社(NEXCOなど)も助かることです。

 

ETC2.0になって不便になることはありません。強いて言うなら車載器の性能があがるので価格もあがるというところでしょうか。ただ、受けられるサービス内容からすればその価格差は小さいものと感じられます。

 

ETC2.0が普及するのはこれから

ETC2.0の車載器を買ったからといってすぐに恩恵が受けられる訳ではありません。全国にあるETCレーンが2.0対応しなければ意味がありません。ただ、国土交通省が積極的に施策を進めていますのでサービスを受けられる日は近いでしょう。