法人ETCカードの特徴とは?選び方の基準を解説

法人ETCカードの特徴とは?選び方の基準を解説

法人ETCカード
会社でETCカードを作るなら法人ETCカードがおすすめです。個人でETCカードを作るよりもお得に利用できます。法人ETCカードは大きく分けて2つ種類がありますので、違いをご説明いたします。

 

法人ETCカードの種類

法人向けETCカードは下記の2種類です。

  • 高速道路を管理する会社(NEXCOなど)が発行するETCカード
  • 法人クレジットカードを親として発行するETCカード

会社によってどちらを選ぶか変わってきますので、ここでしっかり理解しましょう。

 

高速道路を管理する会社(NEXCOなど)が発行するETCカード

高速道路を管理する会社のETCカードは審査がいらないのが最大のメリットです。デメリットはデポジットが必要なのと保証金が必要なところです。また、年会費がかかるのもデメリットの1つです。デメリットは大きいですが、審査がありませんのでスタートアップの会社はこのカードを選ぶことになるでしょう。

 

法人クレジットカードを親として発行するETCカード

法人クレジットカードを親として発行するETCカードのメリットは年会費無料で利用できることです。デポジットや保証金は必要ありません。
※年会費ありのカードもあります。

 

法人ETCカードには旅行傷害保険など、たくさんのサービスが付帯しています。仕事で車をよく使う会社は重宝するでしょう。

 

まとめ

法人クレジットカードをすでに持っているならETCカードは審査無く発行できることが多いです。法人クレジットカードをもっておらず、審査に通るかわからない場合や急いでETCカードが必要な場合は、高速道路を管理する会社が発行するETCカードを選択するとよいでしょう。